• 整腸セミナー応用編終了しました

    2017年2月17日

     
    先日、MST式整腸整体法の実践応用研修を無事終了しました。
    とても楽しいセミナーでした!

    講師の宮川先生は元力士!
    身体がとても大きくて初対面の時には驚きました(笑)
    今回で宮川先生のセミナー4回参加。 

    宮川典彦先生のご紹介
    軆芯(たいしん)柔術創始者/整腸セラピー協会名誉顧問/元力士
    敗血症をはじめ20年前からの糖尿病や
    合併症で腎臓病や狭心症、
    末端神経麻痺を克服
    ご自身の病気を改善した体験を元に
    整腸マッサージを進化させた軆芯柔術を考案され
    活動されています
    MTS自然良能研究所を設立され整腸・整体による治療や
    健康セミナーの講演活動もされています。



    この施術法は、腸をもんで活性させます。
    心地よく緩んでいきます! 
    腹脳!
    腸は第二の脳!
    また腸管造血!
    腸がとても大切な働きをしています。

    そして、食べた物により腸内環境も大きく変わります。
    満腹ではなく、昔から云われている腹八分目も・・・・ 

    病気で赤血球の形が違い、
    血液と病気の法則が何かしら存在している様です!


    冷えもそうですよね。
    腸が活性化することによって良いエナルギーが発生します。
    腸が活性化すると、足先までもポカポカになります!

    早速、母にお試し練習で受けてもらいました。

    慢性便秘(笑)なんです。
    施術してないわけでもありませんが( ;∀;)
    とても緩みにくいのです。


    また便秘に良いという食事なども心掛けても、
    2週間くらいは調子が良くなりますが、
    耐性ができるのか??悲しいことにまた便秘!!


    そのたびに違うことをしています。

    お腹も張り硬くなっています。

    今回の技法は、仰臥位(上向き姿勢)だけでなく
    側臥位(横向き)、腹臥位(うつ伏せ姿勢)で腹部を緩めることが出来ます!

    緩むのも速かったです!
    母も
    『あら!柔らかいね~。体が伸びたわ!』
    気持ちよかったと喜んでくれました。

    翌朝には、快便と報告してくれました。

    腸をもんで緩めることで、腰も緩み伸びるのです。

    今までも、腰痛の方にもお腹が硬い方が多くいらっしゃいました。
    勿論お腹を緩めることはさせて頂きましたが、
    これからは色々な角度から施術させて頂きます!!

    施術にプラスしお身体の不調を改善させていきます!!